2016年07月30日

相手のマネをすると相手は話しやすい

福岡県久留米市の中小企業サポーター、
楽々屋コンサルティングの大山です。

コーチングにおいて
コーチは基本的に聞く立場であり
クライアントに気持ちよく
話してもらうことが重要です。

そのための方法の一つに
相手のマネがあります。

Mirror
(Photo by Tif Pic)

具体的には
・相手と同じ仕草をする
・相手の話した言葉を繰り返す
・相手の話すペースに合わせる
などです。

これらをやることで
クライアントは自分が認められている気分になったり
居心地よく感じたりします。

少し大げさかなと思う程度でも
相手にはそんなに気になりません。

相手の気持ちを引き出すとき、
しゃべってもらうとき
上記はすぐにでもできますので
ぜひ試してみてください。


↓応援クリックお願いします!
ラベル:コーチング
posted by noball at 20:00| Comment(0) | ■コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月28日

やりすぎはよくない!

福岡県久留米市の中小企業サポーター、
楽々屋コンサルティングの大山です。

私はマッサージが大好きです。
特に足裏マッサージが大好きで
定期的に通っています。

I get reflexology
(Photo by Peter Merholz)

先日も仕事帰りに行ってみたのですが
「どこ押しても硬いですねー」
と言われる始末。

実は毎回足裏マッサージに行くと
これを言われるのです。

確かにやられている最中から
ものすごくゴリゴリ。

私は
「毎晩自分でほぐしているんですけどねー」
なんて答えたんですが
「あー、あまりやりすぎないほうがいいですよ」
と言われてしまいました。

やるなら点に集中せず、
流すようにすること、
とありがたいアドバイスをいただきました。

確かに痛いところを毎日ぐりぐりしていました・・

やりすぎで足の裏が硬くなっていたようです。

何ごともやりすぎはよくないですね・・・

今後気をつけます!

↓応援クリックよろしくお願いします!

posted by noball at 20:00| Comment(0) | ■その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月26日

名前を呼ぶのは「認める」のに効果的!

福岡県久留米市の中小企業サポーター、
楽々屋コンサルティングの大山です。

「認める」ということについて書きました。

The True Color of Love
(Photo by Keoni Cabral)

コーチングでは非常に重要な
ベースとなる概念です。

相手との信頼関係を築くために
私はあなたのことを認めていますよ
というのをはっきり伝える必要がありますが、
その際に私が実践しているのは
その人の名前を呼ぶということです。

もちろん「認める」それ自体は
コーチ側の内面の問題も大きいですが
それを伝えるためには
非常に効果的なのです。

よく考えてみると
普段名前を呼ばれることというのは
タイミングが限られていますので
結構特別なことだと言え、
相手にとって安心感を与えることができるのです。


↓応援クリックお願いします!
posted by noball at 20:00| Comment(0) | ■コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする