2016年12月29日

2016年の終わりに・・・

福岡県久留米市の中小企業サポーター、
楽々屋コンサルティングの大山です。

年の瀬も押し迫り、
私も自宅に引きこもって
溜まっている本を読んだり、
来年に向けた作業をしたりしています。

diary writing

診断士としての一年を振り返ってみると
今年は東京への拠点拡大など
大きな変化がいくつかありましたが、
執筆の領域に仕事の幅を広げることができたことが
大きいように思います。

文章を書くことが好きで
なんとかそれに携わる仕事がしたい
まさかこんなところで活きるとは・・・
人生何がどうなるか分からないものだなと
つくづく思いました。

そうした新しい仕事などを通じて
今年もたくさんの人と出会い、
貴重な学びを得ることができました。
この場をお借りしてその全ての方々に御礼申し上げます。
ありがとうございました。

少し早いですがこのブログの更新は
今年最後になります。

皆様、良い年の瀬をお過ごしください!
2017年も引き続きよろしくお願いいたします!

↓応援クリックよろしくお願いします!
posted by noball at 20:00| Comment(0) | ■中小企業診断士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月26日

久しぶりの国会図書館

福岡県久留米市の中小企業サポーター、
楽々屋コンサルティングの大山です。

久しぶりに、本当に久しぶりに国会図書館に行ってきました。

Evernote Camera Roll 20161226 195003.jpg

以前辞典の編集の仕事をしていたころに行って以来で、
実に20年ぶりくらいになります。

昔がどうだったか正直よく覚えていないのですが
本の検索であったり、データベースの検索など
いろんなシステムが面白くてついつい長居をしてしまいました。

私は朝一番で行っていましたし、
目的の書物も割とはっきりしていたいので
そこまで時間はかからなかったのですが、
閉館が近づくと複写の窓口や図書の窓口は
かなり混雑していました。
早めのアクションがおススメです。

今回改めて「図書館」の楽しみ方を思い起こしたので
また少し廻ってみたいなと思う次第です。

↓応援クリックお願いします!
続きを読む
posted by noball at 19:56| Comment(0) | ■中小企業診断士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月23日

なぜ情報システム構築はこんなに失敗するのか?

福岡県久留米市の中小企業サポーター、
楽々屋コンサルティングの大山です。

情報システム投資の成功率は7-8割だと言われています。

Program
(Photo by Simon Claessen)

予定通りの納期で予定通りの機能を実現するのに
それだけの確率というのは少し低すぎるように
思えるかもしれません。

よく例えられるのが
建築との比較。

ビルを建てるのに失敗した、
なんて話はとんときいたことがありません。

高層ビルのように巨大なものは
きちんと完成までこぎつけることができるのに
どうして情報システムはそのようにできないのでしょうか?

その理由の一つに複雑さがあります。

高層ビルはある程度の繰り返しで
完成させることができますが
情報システムは同じものを繰り返し作ることはありえません。
(そんなことをしていたら逆に怒られますw)

すべてを新しく作り、
そのすべてをしっかりテストしなくてはならない。
時間がかかるわけです。

これって情報システムの構築に
携わったことのない方には
結構ピンとこない話だとは思うのですが
拙速にことを進めると
不具合などで帰って大変なことになるので
ぜひ心に留めておいてください。

↓応援クリックよろしくお願いします!
ラベル:IT
posted by noball at 21:45| Comment(0) | ■IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする