2017年12月03日

システム部門はもっとコミュニケーションを!

福岡県久留米市の中小企業サポーター、
楽々屋コンサルティングの大山です。

前回の記事ではシステム構築に際して
要求定義に業務部門が関わることの大切さを書きました。

今回は逆にシステム部門の姿勢について考えたいと思います。

discussion
(Photo by gato-gato-gato)

システム部門にありがちな不満として
ちゃんと要求を出してくれないから手戻りが発生する
とか
ユーザがわがままでしばしば仕様変更が発生する
とか言ったことがあります。

確かにそういう面がないとは言えませんし
実際どんなシステムでも手戻りや仕様変更は
必ずと言っていいくらい発生し
システム部門のストレスは大変なものです。

しかしそれを業務部門だけのせいにだけするようなら
システム部門の存在意義って何なんでしょうか?

言われたことをただ作るだけなら
難しいことはありませんし
極論すれば人間が介在する必要はありません。

人間同士がコミュニケーションを取り、
すり合わせを行っていくから
よいシステムができ上がっていくのです。

「コミュニケーション」は双方向のものを指します。

つまり、システム部門側から働きかけて
業務部門の隠れた要望を引き出すなど
積極的にコミュニケーションを取ることが
最終的な手戻りを減らし
自らを守ることに繋がっていきます。

システム部門の方はコミュニケーションが苦手という方も多いですが
こういうことを意識して取り組んでいきましょう。

↓応援クリックお願いします!
posted by noball at 20:00| Comment(0) | ■IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする