2018年03月07日

企業の健康状態は自己点検も可能!

福岡県久留米市の中小企業サポーター、
楽々屋コンサルティングの大山です。

我々中小企業診断士が支援に入る場合、
通常まずは企業様の現状をお伺いすることから始めます。

The Stethoscope
(Photo by Alex Proimos)

その場合、ほぼ確実に財務諸表を拝見させていただき
その数値から収益性や安定性について確認させていただくことになります。

そうした数字をもとに「どこか異常はないか?」をチェックするので
病院に行って検査を受けるのと似ているのですが、
こうしたチェック、専門的な知識がなくてもご自身でチェックすることがある程度可能です。

例えば中小企業基盤整備機構の「経営自己診断システム」。

財務諸表の数字を入力することで自社の経営状況を表示してくれます。

他にも経済産業省提供のローカルベンチマークがあります。

こちらは財務以外の視点についても検討することができます。

いずれも無料で提供されているツールですので
一度触ってみてはいかがでしょうか?

ただ、どこに問題があるのかよく分からない、
問題に対してどう対策を打ったものか迷う、といった場合は
我々診断士のような専門家にご相談いただければと思います。

↓応援クリックよろしくお願いします!
posted by noball at 20:00| Comment(0) | ■中小企業診断士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする