2015年01月14日

「正しく」「座る」から「正座」

福岡県久留米市の中小企業サポーター、
楽々屋コンサルティングの大山です。

昨年末から腰の調子が悪かったので
抜本対策のため、休みを利用して
整体に行ってきました。

マッサージは何回も行ったことがありますが
整体は初めてです。

お世話になったのは久留米で評判のよらくさん。
待合室ではワンちゃんがお出迎えしてくれます。

Evernote Camera Roll 20150114 193445.jpg

今回おもしろかったのは
体には優先順位があるという話。

体は一つのことをやっていると
他のことに集中できていないということ。

たとえば、「腰に良い姿勢」を
意識して座っていると
その分他のことがおろそかになって
タイプミスなどが増えてしまうらしいです。

筋肉もこわばってよろしくない、と。

では、どうすればよいかというと
自然とよい姿勢を取れるように
所作を変えればよい、とのこと。

進められたのは「正しく」「座る」
すなわち「正座」です。

骨をグリグリしてもらって
腰がよくなった後は
ぶり返さないように
ひたすら「正座」の練習。

しばらくは家でもソファ禁止で
正座しまくりです。

しかし、無駄な力を抜いて
集中すべきことに
集中するというのは
経営にも通じる考え方です。

私も企業様に「正しい所作」を
ご支援していきたいと思います。


↓よろしければクリックしてください。



ラベル:経営 久留米
posted by noball at 19:44| Comment(2) |  健康管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
正座は膝に良くないよ〜、多分。
Posted by スミノフ at 2015年01月14日 21:30
スミノフ様、コメントありがとうございます。
正確には正座し続けるわけではないんです。
正しいフォームを身に付けるために
何回も立ったり座ったりを練習するんです。
膝も今のところ大丈夫ですよ〜。
Posted by 大山 at 2015年01月15日 06:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: