2017年05月14日

同じ質問を違うタイミングでやってみよう

福岡県久留米市の中小企業サポーター、
楽々屋コンサルティングの大山です。

最近昔読んだ小説を読み返しています。

Novel
(Photo by Daniel R. Blume)

従来、一度読んだ本を読み返すことは
ほとんどなかったのですが、
中学生くらいのころに読んだ本を
大人になって読み返すと
当時は気づかなかった新たな発見があって
とても面白いです。

実はこれってコーチングでも起きることです。

同じ質問をしたときでも
最初はクライアント側の受け取る
準備ができていなかったり
状況がうまくつかめていなかったり
といったことがあり
その時その時で答えが変わることがあるのです。

私が経営者の皆様とお話しする際に
うまく答えられないことがあっても
次回のセッションで同じ質問をぶつけてみると
うまくご自身の考え方にたどり着かれることがあります。

いい答えにたどり着くためにも
粘り強く質問させていただきますので
その際はよろしくお願いします!

↓応援クリックお願いします!
ラベル:コーチング
posted by noball at 20:00| Comment(0) | ■コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: