2017年06月14日

「謙虚なコンサルティング」実践中!

福岡県久留米市の中小企業サポーター、
楽々屋コンサルティングの大山です。

人気の本ですが「謙虚なコンサルティング」を読んでいます。


コンサルタント自身が先生然として
なんでも解決できると思い込んでしまっている悲劇
なんども見てきた私が
目指す形に近い企業さまとの関わり方が描かれており
首肯することも多かったです。

やることが明確な場合など、
そのタスクにフォーカスを当て
コンサルが持つスキルをその解決に使うということもありえますが
そういう状況はあまり多くありません。

問題は何なのかを探るところから始まり
課題が見つかればその問題を解決するといったところも
企業自身が積極的に関わった方が
効果が高いと思います。

基本的にはその企業のことを最もわかっているのは当の企業自身であり
解決する力を持つのもその企業自身であるからです。

私のコンサルティングスタイルである
コンサルティング×コーチングで
これからもご支援していこう!と思えた一冊でした。

↓応援クリックよろしくお願いします!
posted by noball at 20:36| Comment(0) | ■中小企業診断士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: