2018年04月18日

それ本当にIT部門のせいですか?

福岡県久留米市の中小企業サポーター、
楽々屋コンサルティングの大山です。

IT部隊の仕事はかなり言い訳に使われやすいように思います。

Computer
(Photo by hibino)

これは私がIT出身なので被害者意識が強いのかもしれませんがw
例えばユーザ部門からの要請で
時間がない中で見積もりを一生懸命に出した場合などに痛感します。

見積もりの納期を守ったそのタイミングでは感謝されると思いますが
その後その見積もりが一人歩きし、
実際の開発のタイミングでそれが大きく外れた場合、
ユーザ部門から怒りに似た感情を抱かれることが
ままあるのです。
そしてそのまま「ITのせいで・・・」みたいな
言い方をされてしまうこともあります。

ITは制約の多い中でベストを尽くしたのですから
結果は結果として受け止めるのが然るべき態度であり
このような結果に終わるのは非常に残念です。

こうしたことを繰り返していては信頼関係が築けないので
IT部門のモチベーション維持のためにも
安易にIT部門のせいにすることなく
きちんと評価すべきところは評価するようお願いしたいです。

↓応援クリックよろしくお願いします!


posted by noball at 21:59| Comment(0) | ■中小企業診断士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: