2018年11月25日

資金調達と事業計画書

福岡県久留米市の資金調達サポーター、
楽々屋コンサルティングの大山です。

以前の記事「融資を受けるチャンス!」で
中小企業側からしっかり返済できるプランさえ見せられれば
従来は貸し出し不可能だった融資先に対しても
銀行から融資を引き出せる可能性がある
と書きました。

planning

これを金融機関に説明する際には
事業計画書が大事になってきます。

ただ、いろいろな企業様とお話をしていても
計画を立てていないというところは多いです。

しかし計画を立てていないと
金融機関に対して返済できる根拠の説明ができませんし
そもそも今月の売上が良かったのか悪かったのか等
自分自身での判断もつきません。

しっかりした事業計画書を立てること
それが自社の業績向上の第一歩となるのです。

事業計画書づくりのサポートをさせていただきますので
ぜひご相談ください。

↓応援クリックよろしくお願いします!


posted by noball at 20:00|  資金調達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。