2018年12月09日

無借金がいい?

福岡県久留米市の資金調達サポーター、
楽々屋コンサルティングの大山です。

20世紀末、日本には不良債権問題が吹き荒れました。

banking
(Photo by Mike Lawrence)

多くの金融機関が破綻し、混乱を招いた反省から
その後金融機関は金融検査マニュアルに基づいて
融資の際には担保や保証を必要とする
保守的な融資に舵を切らざるを得なくなったのです。

中小企業もその時の金融機関の対応から
借金をリスクと捉え、無借金を目指すようになり
実際に無借金の企業もあります。

ただ、これは正確には無借金がいいのではなく
キャッシュが多いことがいいのです。

キャッシュが足りなければ借金をしてでもキャッシュを確保したほうが
いざというときに生き延びることができます。

必要なのは最低でも月商の3ヶ月分。

キャッシュを確保するためにも
融資を検討してみましょう!

お手伝いさせていただきます!

↓応援クリックよろしくお願いします!
posted by noball at 20:00| Comment(0) |  資金調達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: