2017年12月10日

掛け合わせで強みを生み出そう!

福岡県久留米市の中小企業サポーター、
楽々屋コンサルティングの大山です。

他の企業と差別化し、抜きん出ていくには
いろいろな考え方があります。

combination
(Photo by Flavio Usuda )

ひたすらオペレーションを
磨いていくということであったり
財務を健全にすることで
強みとしていくこともありえます。

他社とわかりやすく差別化できて
オススメしたいのは掛け合わせです。

例えば

・お酒×音楽
・カフェ×本屋

のような組み合わせです。

本屋の中にカフェ、なんて昔は存在しませんでしたが
今ではすっかり浸透しています。

自社と相性の良い組み合わせで
新しい強みが生み出せないか考えてみると
面白いですよ!

↓応援クリックお願いします!
posted by noball at 20:00| Comment(0) | ■中小企業診断士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月15日

プロ野球における集客の取り組み

福岡県久留米市の中小企業サポーター、
楽々屋コンサルティングの大山です。

先日、東京都中小企業診断士協会主催の
セミナーに参加してきました。

Fighters - Front
(Photo by ElCapitanBSC)

プロ野球・北海道日本ハムファイターズの
集客の取り組みについてのセミナーで
元プロ野球選手で現在球団職員をされている
荒井修光さまよりお話を伺いました。

北海道日本ハムファイターズは
以前に比べて大きく集客力を向上させ
今では押しも押されぬ人気球団と言えるかと思いますが
その過程では本当に様々な手を打っていることが理解できました。

これらの取り組みは

・地域密着
・社会貢献
・とにかくイベントをたくさん打つ

といったワードでまとめられるのではないかと思いますが
中小企業においてもこうした切り口が有効であることは
皆様も想像つくのではないかと思います。

お話は大変面白く、興味深く話を伺ったのですが
これからの診断に活かして参ります!


↓応援クリックよろしくお願いします!
posted by noball at 20:00| Comment(0) | ■中小企業診断士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月29日

「陸王」とにわかせんぺい

福岡県久留米市の中小企業サポーター、
楽々屋コンサルティングの大山です。

TBSでこの秋「陸王」というドラマをやっています。

TBSお得意の池井戸潤さんの作品をドラマ化したもので
創業100年を超える老舗の足袋屋が
生き残りをかけて新規事業に取り組み
様々な困難に立ち向かっていく、というもののようです。

私も楽しみに見ています。

そんなときに知り合いの方からこんなモノをもらいました。


ドラえもんのにわかせんぺいです。

にわかせんぺいは有名な博多のお菓子ですが
調べてみると販売元の東雲堂さんは
明治39年の創業、110年を超える長寿企業です。

かなりのネームバリューを持つ老舗が
昔からの財産にあぐらを書くことなく
このような商品で新しい取り組みをしていることを知り
私はドラマ「陸王」を思い出したわけです。

常に変化し続け、時代に適用し続ける
それが生き残っていく秘訣だと思います。


↓応援クリックお願いします!
posted by noball at 20:00| Comment(0) | ■中小企業診断士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする