2018年03月07日

企業の健康状態は自己点検も可能!

福岡県久留米市の中小企業サポーター、
楽々屋コンサルティングの大山です。

我々中小企業診断士が支援に入る場合、
通常まずは企業様の現状をお伺いすることから始めます。

The Stethoscope
(Photo by Alex Proimos)

その場合、ほぼ確実に財務諸表を拝見させていただき
その数値から収益性や安定性について確認させていただくことになります。

そうした数字をもとに「どこか異常はないか?」をチェックするので
病院に行って検査を受けるのと似ているのですが、
こうしたチェック、専門的な知識がなくてもご自身でチェックすることがある程度可能です。

例えば中小企業基盤整備機構の「経営自己診断システム」。

財務諸表の数字を入力することで自社の経営状況を表示してくれます。

他にも経済産業省提供のローカルベンチマークがあります。

こちらは財務以外の視点についても検討することができます。

いずれも無料で提供されているツールですので
一度触ってみてはいかがでしょうか?

ただ、どこに問題があるのかよく分からない、
問題に対してどう対策を打ったものか迷う、といった場合は
我々診断士のような専門家にご相談いただければと思います。

↓応援クリックよろしくお願いします!
posted by noball at 20:00| Comment(0) | ■中小企業診断士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月04日

「見える」だけでいいですか?

福岡県久留米市の中小企業サポーター、
楽々屋コンサルティングの大山です。

いろいろなプロジェクトで
「見える化」に携わらせていただくことがあります。

.25 mile visibility
(Photo by daBinsi)

この「見える化」、非常に耳障りのいい言葉なので
改善への取り組みで取り上げられやすいのですが
本当に効果があるのかどうかは慎重に検討する必要があると思います。
実際「見える化はできていたほうがいい」というレベルにとどまることも少なくありません。

例えば工場における生産状況の見える化をマップに表示する、といった事例を考えてみます。

これは作り上げるのに製造機械からデータを取ったり
現場でデータを入力したりしなくてはならず
作り上げるのに非常にコストがかかります。
その分、出来上がる画面は非常に恰好のいいもので、
それを毎日眺めて進捗状況を把握できるということで満足される方もいらっしゃいます。

ただ、生産状況が見えるとどういうメリットがあるでしょうか?
工場のQCDにどんな影響があるでしょうか?
かかった費用に対して見合う効果を得られるでしょうか?

実際には現場を歩き回るのと何も変わらなかったり、
下手すると現場で何が起きているのかが分からない
見えない化を引き起こす恐れすらあると思います。

「見える化」は
「どのように見えていれば効果が取れるのか?」
を考えて導入すべきです。

見えることが改善のアクションにつながる業務フローになっているかどうか
考えて導入を検討しましょう。

↓応援クリックよろしくお願いします!
posted by noball at 20:00| Comment(0) | ■中小企業診断士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月25日

ダイエットと経営って似てるかも?

福岡県久留米市の中小企業サポーター、
楽々屋コンサルティングの大山です。

実は今年に入ってからダイエットを始めました。

my weight
(Photo by Becky Lai)

今のところ体重減も順調で
2ヶ月で5kgほどとゆっくりではありますが
何とか減らし続けており、
20年ぶりくらいの体の軽さのおかげか
風邪ひとつ引かなかった昨年にも増して
健康な感じがしております。

そんな時ふと思ったのが
ダイエットって経営に似てるかも!
ということ。

着たい服を買ってからダイエットを始める方法を
耳にしたことがありますが
これってなりたい姿(ビジョン)を掲げ
それに向かって突き進んでいくことと同じです。

また、ダイエットでやることと言ったら
無駄をこそげ落とし、
筋肉質な体を手に入れて
幸せになることであり
これまた経営に通じるものがあります。

だから何だというわけではないのですがw
私も自分の経営改善(ダイエット)、
もう少し頑張っていきます!


↓応援クリックよろしくお願いします!
posted by noball at 20:00| Comment(0) | ■中小企業診断士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする