2018年05月13日

事業承継補助金(経営者交代タイプ)公募開始

福岡県久留米市の中小企業サポーター、
楽々屋コンサルティングの大山です。

以前、国の予算で事業承継に力を入れていく旨ご紹介しましたが、
その一環として掲題の補助金の公募が開始されました。



事業承継と一口に言っても色々なパターンがありますが、
今回はM&A以外のパターン、
つまり会社はそのままに、事業承継をきっかけに
経営革新などに取り組む企業に補助金を交付するものです。
M&Aについてはまた後日公募がかかるようです)

補助上限額は150万円〜500万円、
補助率は2分の1から3分の2、と
状況によって変化します。

後継者にも要件がありますので
ご自身がどれに当てはまるのか、
一度ご相談ください!


↓応援クリックよろしくお願いします!
posted by noball at 20:00| Comment(0) |  事業承継 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月29日

倒産件数は下げ止まりだが・・・

福岡県久留米市の中小企業サポーター、
楽々屋コンサルティングの大山です。

少し前のことですが、
倒産件数が9年連続で減少し、
27年ぶりの低水準となったという記事がありました。

Grand Staircase
(Photo by Jonathan Haeber)

金融検査マニュアルが廃止される予定のため、
金融機関の融資姿勢に変化が現れているということの
証左かも知れません。

一方で事業承継がうまくいっていない現実もあり、
資金繰りという意味ではせっかく継続できるはずの企業が
事業を断念せざるをえない現実も同時に発生しています。

資金繰りに対応し、日々のオペレーションに対応していくこと、
事業承継について検討し、次代に事業を継続していくこと、
どちらも大事なことです。

短期的観点、中長期的観点のいずれにおいても
戦略的に取り組んで行きましょう!

↓応援クリックよろしくお願いします!
posted by noball at 20:00| Comment(0) |  事業承継 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月04日

社長ってタイヘン!

福岡県久留米市の中小企業サポーター、
楽々屋コンサルティングの大山です。

先日の朝日新聞の記事で事業承継が進んでいない現状について紹介されていました。

記事はこちら。

CEO
(Photo by Miles Actually)

このブログでも過去触れてきましたが、
経営者の平均年齢がこの20年で20歳延びているという数字があり
いかに代替わりが進んでいないかを示しています。

記事の中にもありますが
単純に企業に魅力がなくて買い手がつかないとか
後継者に成り手がいないということではなく、
社長というのは営業のトップとして客先に行ったり
経理的な数字をもって銀行に資金調達の説明に行ったりと
会社のいろんな部分を熟知していないとできない部分も多く
誰でもできるものではないという側面があるのです。

社長というのはなかなか相談できる相手がおらず
このような大変さを一人で抱えていらっしゃる方も多いですが
我々診断士のような存在をうまく活用して
相談していただければと思います。


↓応援クリックよろしくお願いします!
posted by noball at 20:00| Comment(0) |  事業承継 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする