2015年05月25日

中小企業診断士一次試験〜中小企業経営・政策〜

福岡県久留米市の中小企業サポーター、
楽々屋コンサルティングの大山です。

1次試験についてのシリーズも今日で
全科目を概観することになります。
最終科目は「中小企業経営・政策」です。

In Politics
(Photo by MCAD Library)

中小企業の状況をマクロ経済から俯瞰したり、
実際に使える補助金などの制度が問題となって出てきます。

これらは、他の暗記科目同様、
ひたすら覚えるしかありません
これは実務を始めるとかなり使う知識ですので
大変さは置いておいてとにかく勉強しましょう。

その後、毎年最新にバージョンアップしていかなくてはいけませんが、
一度覚えてしまうと似たような制度があったりしますので
ここで頑張っておけば知識の使い回しが効きます。

もちろん、私も毎年中小企業白書と中小企業施策利用ガイドブックは
ひと通り勉強しています。

お客様にとってどのような情報が役に立つか、
まずは試験科目でしっかり基礎を作っておく、
そういう気構えで勉強してはいかがでしょう?


↓応援クリックよろしくお願いします!
posted by noball at 20:00| Comment(0) |  中小企業診断士試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月10日

中小企業診断士一次試験〜経済学〜

福岡県久留米市の中小企業サポーター、
楽々屋コンサルティングの大山です。

経済学を暗記科目だと思っている方もいらっしゃいますが
この科目はとにかくじっくり理解することが肝要です。

Economics
(Photo by Mark Wainwright)

実際、たくさんのグラフが出てきて、
この変数が変わったらこのグラフがどう変わる、なんて
とても覚えられるものではありません。

基本的な理屈を理解しさえするだけで
多くの問題が解けるので、
逆にコストパフォーマンスが高い科目だと言えます。

「経済学は難しい」とよく言われるのですが
おそらくそれは理解をおろそかにしているからで、
私にとっては得点源の科目でした。

教科書をじっくり読んで自分の頭で理解するべく書いてみる、
遠回りなようでいてそれが実は一番近道なんだと思います。

posted by noball at 20:00| Comment(0) |  中小企業診断士試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月06日

中小企業診断士一次試験〜経営法務〜

福岡県久留米市の中小企業サポーター、
楽々屋コンサルティングの大山です。

経営法務はその名のとおり
会社経営に関係のある法律についての科目になります。

Courtroom One Gavel
(Photo by Joe Gratz)

弁護士さんや行政書士さんであれば
簡単なことばかりなのかもしれませんが
普段そうした情報に接していないとかなり難しく感じられると思います。
出題範囲も広いですし。

対策としては、暗記科目に共通して言えることですが
ひたすら覚えるしかありません。

ただし、メリハリをつけて、です。

私も会社の機関設計など苦手なところは
ひたすら図解して覚えたりもしましたが
結局全部覚えるのは不可能なので
覚える個所の取捨選択をしながら勉強していました。

その際、実務にどう役立つかな?という視点が大事だと思います。

例えば、診断士として起業の相談をうけていると

「会社はどういう形態で立ち上げるとよいですか?」

という質問を受けることがよくあります。

この場合、株式会社とその他の会社形態(合名会社、合同会社、合資会社)の違いについて
触れる必要があります。

診断士の教科書ではこれらの違いについて
出資者の責任範囲がどうだとか役員がどうとか
形式的なことを学ぶのですが、
上記のようなご相談を受けた場合、
それぞれの形態のメリット・デメリットについても説明できる必要がありますし、
「じゃあ私はどうしたらいいの?」
という相談者様の状況に応じた回答ができる必要があります。
場合によっては個人事業をお勧めしなくてはなりません。

どういった知識が実務で必要そうか?

そのフィルターを持ちながら勉強するようにしましょう。

このブログでもそうした情報について少しずつお伝えできればと思っています。


↓応援クリックよろしくお願いします!
posted by noball at 20:00| Comment(0) |  中小企業診断士試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする